「名前すら知らない」「殺させました」殺人2件を否認 群馬・前橋乱射の死刑囚(上毛新聞)

東京地裁で裁判員裁判

 2003年1月に群馬県前橋市のスナックで市民ら4人が射殺された拳銃乱射事件で死刑確定後、別の2件の殺人に関わったと警察に告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治被告(69)の裁判員裁判の初公判が12日、東京地裁(楡井英夫裁判長)で開かれた。矢野被告は起訴内容をいずれも否認した。死刑囚が被告の裁判員裁判は初めて。

 刑法は「確定死刑囚に他の刑は執行しない」と規定しており、今回の裁判で有罪となっても処遇に影響はない。捜査関係者からは「死刑執行の先延ばしを狙った告白では」との臆測もあり、異例の展開となった公判が注目されている。

 矢野被告は、当時60歳だった男性は「名前すら知らない」とし、別の男性については「殺していません。殺させました」と述べた。

 起訴状によると、1996年8月10日ごろ、元組員ら3人=いずれも死亡=と共謀し、神奈川県伊勢原市の不動産業、津川静夫さん=当時(60)=の首を圧迫して殺害。98年4月8日ごろには、東京都豊島区にあった組事務所で、新宿区の同、斎藤衛さん=同(49)=を殺害したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、津川さんが所有していた伊勢原市の土地の利権を得ようと、行方不明に見せかけるため殺害を計画したと指摘。さらに、会社社長を拉致するという斎藤さんの計画を阻止するため、首を圧迫して殺害したと主張した。矢野被告はその後、この社長から多額の現金を受け取ったとしている。

 弁護側は、津川さん殺害の共謀には加わっていないと反論。組事務所の入り口まで斎藤さんを連れて行ったが、殺害したのは指示を受けた元組員だったとした。

 矢野被告は、拳銃乱射事件などで14年に死刑が確定。その後、2人の殺害に関わったと記した手紙を警視庁に送った。警視庁はこれを基に、伊勢原市の山中で津川さんの遺体を、埼玉県ときがわ町の山中で斎藤さんの遺体を発見した。

「残念、早く執行を」犠牲者の遺族

 矢野治被告の初公判を受け、前橋市で起きたスナック拳銃乱射事件で犠牲となった大河原照次さん=当時(50)=の長女、幸代さん(44)は12日、上毛新聞の取材に「残念でならない」と肩を落とした。

 前橋の事件で確定した死刑の執行時期への影響も指摘される中、「関与を告白しておいて無罪を主張するのはおかしい。執行を先延ばしにするためでは」と疑念を抱く。別の遺族を思うと裁判で事実を解明してほしいと願う一方、「早く刑を執行してほしい」と複雑な胸の内を明かした。

【関連記事】

美肌グランプリ 3年連続… 群馬県最下位 恵みの好天 肌には荒天(上毛新聞)

 化粧品会社のポーラ(東京)が女性の肌の美しさを都道府県別に順位付けする「ニッポン美肌県グランプリ2018」を12日発表し、群馬県は3年連続で最下位だった。冬の風物詩「空っ風」や日照時間が長い気候が一因とみられ、担当者は「念入りにケアしてほしい」とアドバイスする。

 同社は昨年9月から今年8月まで、店舗で集めた顧客の肌データ約56万件を分析。「肌がうるおっている」「シワができにくい」「毛穴が目立たない」といった8項目を調べ、「美肌偏差値」を算出した。

 本県は8項目のうち、「シワができにくい」47位、「肌がうるおっている」45位など4項目がワースト3に入った。美肌偏差値は19.57と過去7回で最も低かった。

 同社の担当者は「空っ風が吹いて肌の水分が奪われ、日照時間が長いため紫外線を浴びやすい。雨量が少ないことも一因」と分析。本県特有の気候が影響しているとみる。対策として(1)ストールやマスクで風から肌を守る(2)冬でも日焼け止めを塗る(3)化粧水だけでなく乳液やクリームも使う―などを挙げた。

 全国では島根が3年ぶりに1位を奪還。2位秋田、3位石川と、日本海側が上位を独占した。北関東の栃木は37位、茨城は45位だった。

 気象庁のデータによると、冬場(12~2月)の月別日照時間(平年値)は、前橋が194.3~210.1時間なのに対し、島根県の松江は68.2~84.7時間。平均湿度も前橋50%台、松江70%台と開きがある。関東甲信の来年1月までの3カ月予報では、平年と同様に晴れる日が多いとされ、乾燥する日が続くとみられ、肌にとっては厳しい天候になりそう。

【関連記事】

【新幹線殺傷】殺人罪で男起訴へ 検察、責任能力「ある」(カナロコ by 神奈川新聞)

 新横浜-小田原間を走行中の東海道新幹線で6月に乗客3人が殺傷された事件で、殺人と殺人未遂容疑で逮捕、送検された無職の男(22)=住所不定=について、横浜地検小田原支部が今月中にも殺人罪などで起訴する方針を固めたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。精神鑑定で、刑事責任能力があると判断されたという。

 同容疑者は7月13日から約4カ月間、刑事責任能力の有無や程度を調べるために鑑定留置されている。捜査関係者によると、鑑定は近く終了する見込み。鑑定医から報告を受けた同支部は同容疑者を罪に問えると判断したもようで、鑑定留置終了後の勾留期限までに起訴するとみられる。

 事件は6月9日夜、東京発新大阪行きのぞみ265号(16号編成)の12号車で発生。同容疑者の近くに座っていた女性2人が刃物で切り付けられ、制止しようとした男性会社員=当時(38)=が殺害された。同容疑者は容疑を認め、「社会を恨んでいる。人を殺す願望は昔からあり、誰でもよかった」などと供述していた。

【関連記事】

泉パークタウン「完成」へ 最後の宅地を造成 スマートシティを実現〈仙台〉(仙台放送)

仙台放送

仙台市泉区で1972年から開発が進められてきた、宮城県内最大のニュータウン「泉パークタウン」で、最後となる宅地造成が11月下旬から始まります。分譲開始は2022年を予定しています。

12日は泉パークタウンの開発を手がける、三菱地所の関係者など約50人が集まり、工事の安全を祈願しました。

記者リポート
「きょうが地鎮祭で、工事は11月下旬から始まります。この一帯を3年をかけて約720区画整備するということです」

泉パークタウンはこれまで高森、寺岡、桂、紫山と開発が進められてきました。
今回、最後の開発となるのは寺岡と紫山の西に位置する根白石地区です。
新たに148ヘクタール、1965区画を造成し、このうち48ヘクタール、721区画分の工事が11月28日から始まります。
泉パークタウンは1972年に着工し、開発面積は1000ヘクタールあまりと、民間企業の事業としては国内最大規模です。現在、約1万200世帯、2万5000人以上が暮らしています。
今回の事業にはパナソニックと関西電力の子会社も加わり、IT技術で電力を効率よく管理する「スマートシティ」を実現することにしています。

三菱地所 吉田淳一 社長
「地球規模で起こっている環境問題に、一種の解決策を提示していけるような開発ができればいいなと思っています」

分譲開始は2022年の春を予定しています。

神社で使っていた灯籠など、金華山に不法投棄の疑いで宮司など逮捕 「捨ててもいい場所だと思った」〈宮城〉(仙台放送)

仙台放送

国立公園に指定されている宮城県石巻市の離島、金華山にある黄金山神社の宮司など3人が、島内の神社敷地に神社で使っていた灯籠などを不法に捨てた疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、石巻市の離島金華山にある黄金山神社の宮司、奥海聖容疑者(66)と、神社の職員、小松匡志容疑者(49)、神社の元職員の日野篤志容疑者(43)の3人です。
警察によりますと、奥海容疑者と小松容疑者は共謀し、去年6月、石巻市の離島金華山にある黄金山神社の敷地内に、神社で使っていた蛍光灯など約50キロを不法に捨てた疑いがもたれています。
日野容疑者も同じ場所に鉄製の灯籠11基など約1.9トンを不法に捨てた疑いがもたれています。

記者リポート
「神社から5分ほど坂を下った、あちらの場所にゴミが捨てていた場所があります。自販機やテレビなどさまざまなものが捨てられているのが分かります」

調べに対し、奥海容疑者と小松容疑者は、それぞれ「分かりません」「覚えていません」と容疑を否認。
日野容疑者は「捨てたことに間違いないが、捨ててもいい場所だと思った」と容疑を一部否認しています。
金華山は青森県の恐山、山形県の出羽三山と並ぶ「奥州三大霊場」とされていて、震災後に「南三陸金華山国定公園」から「三陸復興国立公園」に編入しています。

参拝に訪れた人
「15・6年は来ている。ショックです、ショック」
奥海容疑者を知る人
「それくらい常識はあったでしょうに。誰かがやったんじゃないの。びっくりした」

警察によりますと、ゴミの廃棄は30年ほど前から続いていたとみられ、なかには東日本大震災で被災した際の、施設の木くずなどが含まれていたということです。
警察は廃棄物の処理費用を浮かせる目的があったとみて、動機の解明を急いでいます。

表現の自由など争点 山城博治議長らの控訴審、きょう結審(沖縄タイムス)

 2016年に名護市辺野古の米軍基地建設などに対する抗議活動中に逮捕され、一審那覇地裁で威力業務妨害の罪などで有罪判決を言い渡された沖縄平和運動センター山城博治議長(66)らの控訴審が13日、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で結審する。弁護側は憲法学者の高作正博関西大学教授の証人尋問を通じ、同罪適用の違憲性などを訴える。判決は12月13日の予定。

 一審と同様、議長らの行為を処罰することは、憲法の定めた表現の自由に反するかなどが争点となる。裁判所が米軍基地を巡る沖縄の歴史や現実にまで踏み込んで判断するかに注目が集まる。

 那覇地裁は18年3月、「反対運動の中での犯罪行為で正当化できない」として山城議長に懲役2年、執行猶予3年を言い渡した。

 10月の控訴審初公判で弁護側は「刑法の形式的解釈と適用に終始した」と一審判決を批判。議長らの抗議活動は「基地建設に反対の意思を示す表現行為」とし「憲法上保障された表現の自由の範囲内で、違法性は阻却される」と述べた。

 一方、検察側は一審判決は正当として控訴棄却を求めた。

【関連記事】

沖縄屈指の進学校 県立の中高一貫、志願倍率7.81倍 定員80人に志願者数625人(沖縄タイムス)

 県教育庁は12日、開邦中(南風原町)と球陽中(沖縄市)を含む県立中学校3校の来春入学の志願倍率と志願者数を発表した。開邦中、球陽中とも入学定員が昨年までの40人から80人に増え、志願倍率は開邦が7・81倍、球陽は4・74倍となった。

 志願者数は開邦が昨年より117人増え625人(男子268人、女子357人)、球陽は68人増え379人(男子157人、女子222人)だった。

 うるま市の与勝緑が丘中(定員80人)は志願者数151人(男子67人、女子84人)で、倍率は1・89倍だった。

 3校の適性検査と面接は12月8日に実施される。合否は来年1月8日までに受検者に郵送される。

【関連記事】

再犯者率5割 関西の自治体が再犯防止策を協議 「いずれは地域に帰って来る」(関西テレビ)

全国の再犯者率はおよそ5割と過去最悪で、12日、少年院などの矯正施設がある関西の自治体が再犯防止策について話し合いました。

少年院や刑務所などがある関西の11の自治体が大阪府堺市の大阪刑務所に集まり、視察と会議を行いました。

法務省によると、おととしの全国の再犯者率はおよそ5割と過去最悪で、原因は一度罪を犯すと仕事や家の確保が難しいことなどが挙げられています。

再犯防止の取り組みは国が担ってきましたが、おととしの法整備で全国すべての市町村も取り組むよう努力義務が課されました。

12日は自治体と国の担当者が必要な支援について意見交換しました。

【明石市・更生支援担当者】
「犯罪をした人もいずれは地域に帰って来るので、(自治体での支援は)必要な事業なんじゃないかと思う」

おととしの刑法犯は約99万6000件で、22万6000人あまりが検挙されています。

関西テレビ

【関連記事】

大阪・淀川 長男虐待容疑の父親を不起訴処分 大阪地検は処分の詳しい理由を明らかにせず(関西テレビ)

関西テレビ

長男に暴行を加えけがをさせた疑いで逮捕された父親について、大阪地方検察庁は不起訴処分としました。

33歳の父親は去年9月、大阪市淀川区の自宅で当時3歳の長男に暴行を加え、顔に全治1週間のけがをさせた傷害の疑いで今年1月に逮捕されました。

父親は逮捕前の事情聴取で「数十回暴力をふるった」と虐待を認めていましたが、逮捕後の取り調べでは「寝返りをして柱に顔をぶつけた」と容疑を否認していました。

大阪地検は12日、父親を不起訴処分としましたが、詳しい理由は明らかにしていません。

関西テレビ

【関連記事】

宮城・JR仙石線で交代の車掌来ず列車遅延(TBC東北放送)

 12日夕方、JR仙石線で車掌が乗務する列車の到着時刻を勘違いして駅に遅れて到着しました。このミスで発車が6分遅れ、乗客およそ300人に影響が出ました。
 12日午後5時54分ごろJR仙石線の「福田町駅」で、東塩釜行きの下り列車に交代で乗務する50代の男性車掌が遅れて到着しこの列車におよそ6分の遅れが出ました。JRによりますとこの車掌は乗務する列車の到着時刻を勘違いし徒歩で5分ほど離れた休憩室で待機していたということです。このミスで乗客およそ300人に影響が出ました。JRでは今年7月にも東北本線で車掌の乗り遅れによる列車の遅れが発生していて「利用客にお詫びするとともに指導を徹底し再発防止に努める」と話しています。