ビル解体現場で作業事故、作業員の男性1人重体 名古屋・中川区(中京テレビNEWS)

 12日、名古屋市中川区のビル解体工事現場で、倒れていた男性作業員が意識不明の重体となっています。

 警察によりますと、12日午前11時すぎ、中川区八田町にあるビル解体工事現場で、1階の廃材置き場に作業員の60代ぐらいの男性が倒れているのが見つかりました。男性は、発見されたとき意識がありましたが、頭にけがをしていて治療中に容体が悪化し、意識不明の重体となっています。

 当時、現場には10人ほどの作業員がいて、解体中のビルの2階から8階の中からごみを片付ける作業をしていたということです。

 警察は、作業事故とみて男性の身元の確認を急ぐとともに、倒れていた経緯を調べています。

中京テレビNEWS

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です