ファッションショーで青春の1ページ 淑徳祭(両丹日日新聞)

 京都府福知山市正明寺の福知山淑徳高校(山口剛校長)で、学校祭の「淑徳祭」が開かれ、生徒たちが舞台発表や作品展示などで、日ごろの学習、クラブ活動での成果を発表した。

 今年の淑徳祭のスローガンは「淑徳物語~描こう青春の1ページ」。9、10両日は校内発表で、11日は一般公開で市民らに見てもらった。

 展示は紙芝居や写真、手作りおもちゃ、洋・和裁など、多数の作品を出展した。

 体育館でのステージ発表は、管弦楽やダンス、人形劇などを披露した。

 トリは恒例のファッションショー。アパレル・ファッション系列で学ぶ生徒たちが時間をかけて制作した和・洋服やウェディングドレスを自身が着て登場。ステージに設けられたランウェイをゆっくりと歩きながらポーズを決めると、客席からは「かわいい」などと歓声が起きていた

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です