熊野速玉大社で外国人が神事体験 世界の平和を祈る祈願祭(関西テレビ)

関西テレビ

外国人に神道文化への理解を深めてもらおうと、和歌山県新宮市と世界遺産・熊野速玉大社が祈願祭を開催しました。

【オーストラリア人】
「わぁ!この足袋、柔らかいね」

装束を身にまとうのはオーストラリア人の男性です。

新宮市と熊野速玉大社は、外国人が臨時職員として神職と世界の平和を祈る祈願祭を初めて企画しました。

様々な国の人が共に祈りをささげることは、古くから多くの参拝客を受け入れてきた熊野の精神を象徴しているということです。

【参加したシンガポール人は…】
「今、すごくホッとしてます。
覚えることがたくさんあったから。
祈願祭に参加できてとても光栄でした」

大社は、来年は毎月祈願祭を開催するとしています。

関西テレビ

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です