海にせり出す「コの字道路」完成 国道305号、土砂崩れで仮設(福井新聞ONLINE)

 7月の大雨による土砂崩れにより福井県福井市赤坂町―居倉町間(約1キロ)で通行止めが続いていた国道305号に仮設道路が完成し10月31日、約4カ月ぶりに通行が再開された。

【写真】コの字道路を上空から撮影

 仮設道路は、土砂が道路をふさいでいる居倉町の約80メートルの区間を迂回するため、鉄の支柱を立ててコの字形に海側へせり出し、国道をつないでいる。延長208メートル、幅6メートル。両端に信号が設置され交互通行だが、大型観光バスの通行も可能。

 午後4時、通行止めが解除されると、待ちわびた住民や観光客らが仮設道路を次々と通行した。京福バスは11月1日から、これまで居倉町で折り返していた茱崎線(福井駅-越前岬水仙ランド)を平常ダイヤで運行する。

 県によると、居倉町の現場は高さ約60メートルの地点から土砂が崩れ、7メートルを超える巨石が復旧を妨げているという。積雪で市道が通行止めとなった場合、同市八ツ俣、城有、赤坂の3集落が孤立する恐れがあるため急ピッチで作業に当たり、約2カ月かけ完成させた。

 現場の地質調査結果から、大雨により斜面の地下水が急激に増えたことで、土砂が崩落したとみられている。表流水が浸透しないよう工事を行うなどして、2019年度末までの本線復旧を目指す。

 7月5~8日の大雨で、国道305号は居倉町と同県越前町血ケ平で大規模な土砂崩れが発生し、同7日から周辺の約10キロが通行止めになっていた。このうち同町玉川―赤坂町間の約5・1キロについては、土砂を撤去し8月2日から片側通行が可能となっている。同区間の本格復旧は来秋ごろを見込んでいる。

福井新聞社

【関連記事】

【ふくしま紅葉だより】只見線…鮮やかな『秋色の奥会津』疾走(福島民友新聞)

 記録的な猛暑と少雨の影響で、県内各地で紅葉の色づきが心配される中、奥会津では木々が赤や黄色に鮮やかに染まり、息をのむ美しさで観光客を迎えている。三島町のJR只見線第一只見川橋梁(きょうりょう)周辺には国内外から大勢のカメラマンが集まり、紅葉の中を疾走する列車に向け、シャッターを切っている。
 奥会津でも紅葉の遅れが心配されたが、10月に入って気温の低下が一気に進み、ほぼ例年通りの時期に色が深まった。各観光協会などによると、紅葉の見ごろは今月上旬ごろまでとなりそう。

【関連記事】

大井町町長選説明会に新人3陣営が出席(カナロコ by 神奈川新聞)

 任期満了に伴う大井町長選と議員辞職による同町議補欠選挙(ともに12月4日告示、9日投開票)の立候補予定者への事前説明会が31日、同町役場で行われた。

 現在まで町長選への立候補を表明している小田真一氏、諸星光浩氏、鈴木武夫氏の新人3陣営が出席。また町議補選(欠員1)には出馬を予定する新人、元職の2陣営が参加した。

 町議補選は、議長だった小田氏が10月1日に町議を辞職したことに伴い実施される。町長選への出馬を表明しているともに町議の諸星、鈴木両氏が告示日前日までに辞職するか、辞職せずに自動失職になるかで、改選数が変わることになる。説明会に出席した諸星氏は取材に「11月5日に辞職する」と述べた。

 9月1日現在の有権者数は1万4392人(男7165人、女7227人)。

【関連記事】

手話など障害者の手助けを市議が研修受け「あいサポーター」に認定 京都・福知山(両丹日日新聞)

 障害者が日常生活で困っている際に手助けする「あいサポーター」の養成研修を、京都府福知山市の市議会議員が受けた。議会から依頼を受け、市が出張研修として実施。障害ごとの特性も学び、今後の議員活動などに生かす。

 あいサポーターの養成は、障害の有無にかかわらず、誰もが暮らしやすい社会の実現をめざして09年に鳥取県で始まった「あいサポート運動」の主体事業。運動の輪は全国に広がっており、現在は8県7市5町で展開されている。

 趣旨に賛同し、福知山市も5月に鳥取県と協定を締結した。市民向けのあいサポーター研修を9月に実施したほか、市内の団体や企業を対象にした出張研修も実施。9月30日現在で241人がサポーターの認定を受けている。

 議員研修は29日に行い、障害者福祉課の職員から運動の目的や趣旨などの説明を受けたあと、障害について理解するDVDを視聴。障害ごとの特性のほか、「視覚障害者に声をかけるときは、突然体に触れずに前方にまわって話しかける」「車いす利用者と話をする際は、少しかがんで目線を合わせる」など、ちょっとした配慮も学んだ。

 このあと「こんにちは」「わかりました」「ありがとう」など、簡単な手話と指文字も教わって、あいサポーターの認定を受け、特製のバッジを受け取った。

【関連記事】

深まる秋、闇染めて 盛岡の南昌荘、紅葉ライトアップ(岩手日報)

 盛岡市清水町の国登録記念物「南昌荘」の庭園で31日、紅葉のライトアップが始まり、色づき始めたモミジの木々が闇夜を鮮やかに染めている。

 ヤマモミジやニシキギなど約40本の一部が赤や黄に染まり、光を透かして幻想的光景を描き出している。同日は音楽コンサートも催され、ゆったりとした時が流れた。

 ライトアップは午後4時半から同8時。4日まで行っている。

夜の住宅街で…帰宅途中の女性襲われ現金3万円余入った鞄奪われる 顔などにケガも 岐阜(東海テレビ)

 31日夜、岐阜市で帰宅途中の女性が強盗に襲われ、現金などが入ったカバンを奪われました。女性は顔と足に軽いケガをしました。

 31日午後8時20分ごろ、岐阜市梅河町の路上で、歩いて帰宅中の会社員の女性(55)が後ろから来た男に襲われ、現金およそ3万6000円などが入ったカバンを奪われました。男はそのまま歩いて逃げました。

 女性は抵抗した際に転倒し、顔と右膝に擦り傷を負う軽いケガをしました。

 逃げた男は身長170センチぐらいの中肉で灰色のセーターに紺色のジーパンを履いていたということです。

 現場はJR岐阜駅から北へ2キロほど離れた住宅街で、街路灯は少なく薄暗い状態だったということです。警察は強盗致傷事件として、逃げた男の行方を追っています。

東海テレビ

【関連記事】

今秋から新たなショー 現代風「鶴の恩返し」上演 プリンセスクルーズ(カナロコ by 神奈川新聞)

 米客船大手プリンセス・クルーズは今秋から、横浜港を発着港とする「ダイヤモンド・プリンセス」で、プロダクション・ショーの新作「ザ・シークレット・シルク」を上演する。原作は日本の民話「鶴の恩返し」で、パペット(操り人形)も登場するなど現代風にアレンジ。国籍や年齢を問わず誰もが楽しめる舞台に仕上がった。

 鶴を助けた老夫婦と、秘密を持つ美しい娘が登場。娘は「作る姿を絶対に見ないで」と言い、見事な絹織物を織り上げて老夫婦を喜ばせる。ショーでは、容姿端麗な若い男性や意地悪な猟師も登場し、恋愛や戦いのシーンも盛り込んだ独創的な物語が展開する。

 ミュージカル「ウィキッド」などを手掛けた作曲家スティーヴン・シュワルツさんがプロデューサーを務めたショーの第3弾。2月中旬に「ロイヤル・プリンセス」のカリブ海クルーズで初上演した。

 「ダイヤモンド・プリンセス」船内で31日に開かれた日本上演記念イベントで、シュワルツさんは「アジアがクルーズで注目を集めているためこの物語を選んだ。物語の古里である日本で上演できることを光栄に思う」と語った。ゲストで登場した女優浅野ゆう子さんは「誰もが知っている民話のミュージカルなので、お年を召した方も楽しめ、感動してもらえる」と述べた。

 鶴の恩返しにちなみ、ダイヤモンド・プリンセスでは8月から、乗船客らに鶴の折り紙を作ってもらうプロジェクトを進めている。同社は一羽にあたり100円を横浜市の子どもの貧困対策事業に寄付することにしている。

【関連記事】

大阪市立小学校の女性臨時講師 風俗店などで働き処分(関西テレビ)

関西テレビ

大阪市立小学校の臨時講師の女性が、風俗店などで副業をしたとして、停職処分になりました。

大阪市教育委員会によると、ことし4月から大阪市立小学校で勤務していた27歳の女性臨時講師が、風俗店などで働いて約50万円の収入を得ていました。

市教委あてに匿名の通報があり、発覚しました。

女性講師は聞き取りに対し、「禁止されているのは知っていたが、お金に困っていたため、店を辞めることができなかった」と事実を認めたということです。

副業の禁止を定める地方公務員法に違反したとして、女性講師は停職3か月の処分を受けましたが、10月31日付で依願退職しました。

市教委は、「再発防止のため、教職員の服務規律の確保に努めます」とコメントしています。

関西テレビ

【関連記事】

辺野古きょうにも工事再開 海上にフロート再設置(沖縄タイムス)

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、国土交通相が県の埋め立て承認撤回の執行停止を決定した通達書が31日、沖縄防衛局と県に届いた。防衛局は撤回を受けて中断していた辺野古での工事を1日に再開する方針を固めた。撤去していた海上のフロートの再設置などを進める見通し。気象状況によっては工事を見送るなど流動的な面もある。

 日本記者クラブの会見などのため上京していた玉城デニー知事は31日、都内で記者団の取材に応じ「(県の意見書提出から5日後という)非常に短い時間で国交相が撤回を執行停止したのは、多くの県民が政府への強い憤りと失望を持っている」と反発した。

 政府の工事を再開する方針には「工事の強行はまかりならない。暴挙がないようしっかり見ておきたい」と述べた上で、安倍晋三首相ら政府に対話を求める考えを示した。

 防衛局は31日、沖縄タイムスの取材に「今後の予定は現時点で決まっていないが、普天間飛行場の固定化は避けなければならない」として工事を早期に再開する考えを示した。

 工事については「準備作業の進捗(しんちょく)や気象、海象を踏まえる」と述べるにとどめた。当面は撤回後に海上から撤去していたフロートを作業ヤードから沿岸部に移動し、数週間かけてフロートを設置した後に護岸で囲んだ海域に土砂を投入する見通し。

【関連記事】

わが町に止まれ!北陸新幹線「かがやき」 “消滅可能性都市”が自虐動画に走った理由「1本でも多く…」(withnews)

 石川県加賀市が金沢市への嫉妬心むき出しの公式PR動画を作りました。「調子に乗るな金沢!」と絶叫したり、地元の公園のショボさに落胆したりと自虐の嵐。続く第2弾では、隣の小松市にライバル心を露わにする内容が大きな話題を呼びました。加賀市を突き動かしたのは新幹線です。北陸新幹線、なかでも「のぞみ」的な立ち位置の「かがやき」の停車駅に選ばれたい。なぜ、地方都市はそこまで新幹線の駅にこだわるのか?そのワケを取材しました。(朝日新聞金沢総局記者・木佐貫将司)

「727」って何の看板? 鉄道模型のパーツになりました

「消滅可能性都市」に指定

 加賀市のPR動画が作られた背景には、2015年の新幹線開業でブームに沸く金沢市との格差や、2022年度末に予定される北陸新幹線の敦賀延伸に向けた小松市との「誘致合戦」の構図がある。「金沢みたいになりたい、小松に負けたくない」。そんな思いがある。

 加賀市は「山代温泉」「山中温泉」「片山津温泉」の三つの温泉街や、「九谷焼」「山中漆器」といった伝統工芸品などが観光資源だ。

 自然豊かな山中温泉は俳人・松尾芭蕉が愛した名湯として知られる。山代温泉通り商店街の一斉キャッシュレス化を補助するなどICT(情報通信技術)に力を入れる。ただ、深刻な人口流出が課題で、日本創成会議が「消滅可能性都市」に指定。市は危機感を募らせている。

 一方の小松市。源義経や武蔵坊弁慶などが登場する歌舞伎十八番「勧進帳」の舞台となった「安宅の関」跡があり、建設大手・コマツの創業地でも知られる工業都市だ。開湯1300年をむかえた「粟津温泉」もある。

 石川県の空の玄関口・小松空港を有する。今年4月に公立小松大学を開学するなど、教育をベースに新幹線開業を見据えた都市開発を進めている。

「かがやき」を止めたい

 石川県方面の北陸新幹線は現在、「かがやき」(速達タイプ)、「はくたか」(停車タイプ)、「つるぎ」(シャトルタイプ)の3つがある。

 「かがやき」は東京から金沢駅間を約2時間30分と最速で走る。「はくたか」は東京・金沢駅間を約3時間で走り、新幹線停車駅に順次止まる。「つるぎ」は金沢・富山駅間のみを走る。

 JR西日本は「小松駅と加賀温泉駅に新幹線が止まるのは間違いない」とする一方、「どのタイプがどの時間帯に止まるかは利用状況などを総合的に判断して決める」。

 石川県によると、2015年の新幹線金沢開業以降、県外からの観光客数は増え続け、2017年には約1500万人と開業前より約320万人増加。海外からの宿泊者数も約60万人と開業前の2倍になった。

 観光客の急増で金沢では「ホテル戦争」が過熱。日本政策投資銀行北陸支店によると、2016年末の調査時点で、2020年までにホテルの客室数が1万室を超過して名古屋市を上回る勢いという。そんな金沢に続こうと、最速で東京とつながる「かがやき」を止めたいのが両市の本音だ。

【関連記事】