女子児童に全裸の写真を撮影させ保存…39歳小学校教師の男逮捕受け臨時の校長会議 金沢(石川テレビ)

石川テレビ

 女子児童に全裸の写真を撮影させ保存したなどとして、小学校の教師が逮捕された事件を受け、金沢市で臨時の校長会議が開かれました。野口弘教育長は「教職を志した時の気持ちを思い出してほしい」と出席者に呼びかけました。

 事件を受け金沢市の臨時の校長会議が開かれ、教師が逮捕された小学校の校長を除く、市内の小・中・高校の校長76人が出席しました。

 会議で野口教育長が「きわめて遺憾、1人1人が教職を志した時の気持ちを思い出してほしい」と訓示しました。

野口教育長:
「今回被害にあわれた方そして子供たち、保護者の方地域、市民の方々におわび申し上げたいと思います。本当に残念で悔しい思い。信頼回復のために1歩1歩着実に頑張っていくしかないと思います」

 この事件は8月29日、女子児童に全裸の写真を撮影させ、その画像を保存したとして金沢市の小学校教師・宮岸幸平容疑者(39)が逮捕されたものです。

 また今年1月にも別の小学校の教員が窃盗の疑いで逮捕されていて、教職員の不祥事が相次いでいます。

石川テレビ

【関連記事】

再来年のリニューアルに向け…名古屋テレビ塔の応援団長に堤幸彦監督「栄元気になる柱に」(東海テレビ)

東海テレビ

 再来年7月にリニューアルする名古屋テレビ塔のPRを担う応援団長に、映画監督の堤幸彦さんが就任しました。

堤監督:
「栄が元気になるムーブメントの柱になれればと思う」

 名古屋テレビ塔は、耐震工事のため来年1月から一時閉館し、再来年7月にリニューアルオープンすることになっています。

 31日、リニューアル後のテレビ塔をPRする応援団「チームサカエール」の結成と、団長に名古屋出身で『20世紀少年』などを手掛けた映画監督の堤幸彦さんが就任することが発表されました。

 9月から、テーマソングやミュージックビデオの制作などを始めます。また、31日はあわせて、リニューアル後の4、5階部分に全14部屋のホテルを設ける構想も示されました。

 テレビ塔は現在、道路に区分される位置にあるため、ホテルの整備について今後、名古屋市とも調整を進めて行くとしています。

東海テレビ

【関連記事】

西武池袋で写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」 ねこグッズマーケットも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)別館2階西武ギャラリーで9月26日から、写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」が開催される。(池袋経済新聞)

作品約130点を展示

 ネコを題材にしたNHK BSプレミアムのドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」で知られる、動物写真家の岩合光昭さん。

 同展では、ブラジル・リオデジャネイロ南東部のコパカバーナビーチで人気を集めているというネコの「シキンニョ」や、ニューヨークのピザ屋の看板ネコ「ホワイトスライス」など、世界60カ所以上の撮影地から選んだ12地域のネコの写真作品約130点を展示する。

 会期中、各日来場者の先着500人に「岩合光昭」オリジナルポストカードを1枚進呈する。入場無料の「ねこグッズマーケット」では、写真集やオリジナルグッズなど販売する。

 開催時間は10時~21時(9月30日、10月6日・7日は20時まで、最終日は18時閉場)。入場料は、一般・大学生=500円、高校生以下無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】

雑草と妻から根気教わる(ミニ事件簿)

 厳しい残暑が続く中、大分市内の警察官の自宅庭には雑草がポツポツと生えている。除草剤をまいたものの新たな雑草が生えてくる。初めは地道にむしっていた警察官。ただ、次から次へと生えてくる雑草の力強さの前にあきらめてしまい、今は妻がむしっている。「雑草魂というところか。根気強さも養わなくては」。雑草と妻から学んだ警察官だった。

大分合同新聞社

【関連記事】

辺野古新基地:沖縄県が埋め立て承認を撤回 沖縄防衛局に提出(沖縄タイムス)

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄県は31日、埋め立て承認を撤回する通知書を沖縄防衛局に提出した。公有水面埋立法に基づく埋め立て承認が撤回されたことで防衛局は新基地建設の法的根拠を失い、辺野古の工事の中断を余儀なくされる。一方、国が撤回の執行停止を裁判所に求めるなど対抗措置が予想され、工事が止まる期間は一定にとどまる可能性がある。

 8日に死去した翁長雄志前知事は生前、防衛局が県に通知していた17日の埋め立て土砂投入の前に承認を撤回する考えだった。死去を受けて知事の職務代理者となった富川盛武副知事は、撤回の権限を従来から辺野古問題を担当する謝花喜一郎副知事に委任し、撤回に向けて準備を進めていた。

 国は天候などを理由に17日の土砂投入を見送り、県の撤回時期もずれ込んだが、県が今月9日に実施した防衛局の意見や反論を聞く「聴聞」の報告書が同20日に完成したことで手続きが整い撤回に踏みきった。

 撤回の理由として大浦湾側の軟弱地盤で護岸を建設した場合に倒壊の危険性があり活断層の存在も指摘されていることや、完成後に周辺の建物が米国の高さ基準に抵触することなどを指摘。公有水面埋立法が定める承認の要件である「国土利用上適正かつ合理的」「災害防止、環境保全に十分配慮する」との項目を満たしていないとしている。

 翁長知事の死去を受けて県内ではあらためて辺野古問題への関心が高まっており、県の承認撤回や国の対応は9月30日投開票の知事選にも影響を与える可能性がある。

【関連記事】

障害者雇用水増し問題 千葉市教委は13人算入(千葉日報オンライン)

 障害者雇用の水増し問題で、千葉市教委は30日、厚生労働省のガイドラインを満たしていない教職員13人を障害者雇用数(率)に算入していたと発表した。同市教委の障害者雇用率はこれまで公表していた2・05%から1・74%になり、法定雇用率(2・40%)を大きく下回った。

 市教委教育職員課によると、13人は全員採用後に障害を負ったとする教職員。うち7人は障害者手帳を持っておらず、残り6人は算入対象外である週20時間未満の短時間勤務だった。

 市教委は7人について同手帳取得の意向が確認できたなどとして算入していたが、一連の問題発覚後の調査で実際は取得していないことが判明した。6人は2009年9月の規定改正で勤務時間が週20時間未満になったにもかかわらず算入人数から除外するなどしていなかった。

 市教委の布施俊幸教育総務部長は「今後は障害者手帳の取得を促進するとともに、厚労省のガイドラインに沿って障害者手帳を確認する。学校施設のバリアフリーを進めるなどして、障害者雇用を進めたい」と話した。

◆千葉市も算入誤り

 同問題で、千葉市は30日、自己申告を基に障害者雇用数(率)に算入していた職員28人のうち、1人について障害者手帳が更新されておらず、国に報告した今年6月時点で有効期限が切れていたと発表した。厚労省のガイドラインを満たしていなかったことになり、同市の障害者雇用率は2・49%に低下。法定雇用率(2・50%)を下回った。

【関連記事】

三重県立高では初 四日市工業専攻科  三重・四日市市(三重テレビ放送)

四日市工業専攻科棟の内覧会=四日市市(三重テレビ放送)

 三重県立高校で初めて、工業系専攻科が設置された四日市工業高校に専攻科の校舎が完成し30日、建物の内覧会と実習で使う工作機械の起動式が行われました。

 四日市工業高校のものづくり創造専攻科は、機械や電気に関する専門教育を行い、地域産業を担う人材を育成するもので、高校での3年間の学習を終えた生徒を対象としています。

 新しく建てられた専攻科棟には、設計などを学ぶパソコン室、工場の生産設備の実習やロボットの操作などを行う自動制御実習室が設けられています。

 また、3Dスキャナーや3Dプリンターといった最新の機器も導入されました。

 また、実習で使う最新機器の起動式も行われ、10月からの実習で使う予定だということです。

三重テレビ放送

「華麗なる一族」などの作者 山崎豊子をしのぶ企画展  三重・志摩市(三重テレビ放送)

 「華麗なる一族」など数多くの作品で知られる小説家・山崎豊子をしのぶ企画展が、生前、幾度も訪れたという三重県志摩市賢島で始まりました。

 「陽が傾き潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる」…山崎豊子の代表作「華麗なる一族」の冒頭です。

 山崎さんは、1955年から2007年までの間、何度も賢島にある志摩観光ホテルを訪れ、多くの作品を執筆。

 作品の中にも、英虞湾や真珠筏といった志摩の風景が描かれました。

 会場には、山崎さんが訪れると部屋に運び込まれたという専用の机やいすなど、約20点が展示されています。

 企画展は、9月17日まで伊勢志摩サミット記念館サミエールで開かれ、9月1日と15日には直筆の原稿が特別展示されます。

三重テレビ放送

阿賀町課長 収賄の疑いで逮捕(UX新潟テレビ21)

UX新潟テレビ21

阿賀町の在宅医療関連のシステム構築事業を巡り、業者への便宜を図った見返りに接待を受けたとして、県警は30日、阿賀町の男性職員を収賄の疑いで逮捕しました。
収賄の疑いで逮捕されたのは阿賀町健康福祉課の課長、村岡亨容疑者(57)、贈賄の疑いで逮捕されたのは、東京の会社役員宮崎弘道容疑者(45)です。警察によりますと、村岡容疑者は、阿賀町と地元の医師会が連携して進めていた情報通信技術を使った在宅医療の連携システム事業で、宮崎容疑者の会社が受注できるよう便宜を図ったとされています。2016年3月から今年3月の間に、宮崎容疑者から17回にわたり、宿泊や飲食などおよそ13万円相当の接待を受けた疑いがもたれています。
阿賀町の神田敏郎町長は取材に対して、「もう本当に残念でなりません。こんなことになろうとは夢にも思わなかった。」とコメントしました。警察は2人の認否を明らかにしていません。警察は関係先を捜索するなどして、容疑の裏付けを進めています。

銀座熊本館で天草フェア 「潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産登録 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

 天草地域の物産品を集めた「天草フェア」が現在、熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」(中央区銀座5)1階の「くまもとプラザ」で開催されている。(銀座経済新聞)

「天草フェア」を開催中の銀座熊本館の店内

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が今年、世界遺産に登録されたことを記念して催されている同フェア。「ロザリオ塩 塩釜」(830円)、「島々餃子(ギョーザ)」(490円)、「鶏ムネ燻製(くんせい)」(1,080円)、「鶏レバーペースト」(756円)、「たこわさび」(1,080円)、「ゆずなまこ」(648円)、「うにからすみ」(2,700円)、「牛深かまぼこ」(463円)、米、オリーブオイルなど、天草地方産の食品を取りそろえる。

 熊本県東京事務所 くまもとセールス課の村崎美由紀さんは「ミネラル豊富な天草名産の天然塩は工房ごとに海水の採取場所や製法などによって味わいが違うので料理や用途によって使い分けてほしい」と話す。

 「ブランド鶏『天草大王』はさまざまな部位の冷凍品を用意している。イチジクのジャムやロールケーキなど天草地方に古くから伝わる菓子からは、独特な南蛮風の文化を感じていただけると思う。この機会に食文化を通じて天草を知っていただければ」とも。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。9月9日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】